MENU

薄毛治療の効果と期間

抜け毛が増えてきた、髪の毛が薄くなってきたと感じた場合、早めに薄毛治療を始める事が大切です。早めに治療を始めないと、毛穴の中の毛根が死滅してしまう可能性があります。

 

毛根が死滅すると、発毛を促しても、毛穴から毛が生えてこない状態となってしまいます。

 

ですから、毛根が生きている間に治療を始めるという事が重要になってきます。そして、もう一つ、重要になってくるのが、効果が出るまでの期間です。

 

治療を始めると、すぐに髪の毛が生えてくると考える人は少なくありませんが、髪の毛というのは1ヶ月で1cm程度しか成長しません。ですから、毛根に発毛に必要な栄養素をしっかりと送り届ける事が出来ても、頭皮に毛先が出てくるまでに時間がかかる事になります。

 

そして、しっかりと毛が増えたという実感をするには、半年から1年程度、必要になってくる事になります。効果がすぐに出ると考えていると、毛が増えているという実感がでなければ、そこで諦めてしまう事も少なくありません。

 

ですが、本当に効果のある方法であっても、薄毛を改善するには少なくとも半年は継続していく事が必要です。ですから、薄毛を改善したいと考えたら、効果を実感できるまでに必要な期間分の治療費についても考えておく事が大切です。

 

これは、薬によって発毛を促していく場合だけでなく、効果の高さで注目されるHARG療法や育毛メソセラピーの場合でも、同じ事がいえます。専門の医療機関に行けば、すぐに薄毛の悩みが改善されると考える人は少なくありません。

 

ですが、髪の毛が生えてくるには、時間がかかる事になります。

 

ですから、とても効果のある治療法であっても、少なくとも半年は治療を続けていく事が大切です。

 

生活習慣からの若はげ対策

若はげは10~30代で髪のサイクルが乱れ、抜け毛が多くなり薄毛となってしまう状態のことです。40代以降の老化に因るものではまだ諦めもつきますが、若い段階で薄くなってしまうことは抵抗を感じてしまいますよね。

 

育毛剤や育毛シャンプーでの対策だけでなく、生活習慣も薄毛の原因となるので注意すべき点等を見ていきましょう。まずは睡眠です。睡眠は健康状態に大いに関わるものですが、髪の毛とも深い関係にあります。

 

というのも成長ホルモンは22時~2時に活性化するので、その時間に睡眠をとる事が髪の成長にも良い影響を与えるのです。忙しい毎日を送っていると2時以降に就寝する人も多いでしょう。しかし出来るだけ、その間に睡眠をとるようにしましょう。

 

またアルコールの摂取が適量以上の場合は控えることをお薦めします。

 

アルコールは髪に栄養が送られる前に邪魔する作用もあります。通常でも頭皮や髪への栄養は内臓系より後回しになるものなので、アルコールの摂取が多いと髪に回る量がより少なくなることも。

 

全く飲まないことはストレスに繋がりそれも良くないので、控えめを意識しましょう。

 

男性の薄毛は男性ホルモン(テストステロン)の分泌が増加することが大きな要因となります。このテストステロンの働きを抑えてくれるのがイソフラボンで、豆腐や豆乳、納豆に多く含まれています。

 

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持ち、これが減少してくる更年期の女性はやはり薄毛に悩みだすのです。女性が豆乳をよく飲むのは、このイソフラボンの様々な働きを期待している要素もあります。

 

女性と同じように、豆乳や納豆を食生活に多く取り入れてみてはどうでしょうか。

 

薄毛治療の効果を知るなら

更新履歴